2018年1月23日 大阪市議会の大都市・税財政制度特別委員会が開催。大都市制度改革が必要なのか、根本的問題について討議

 大阪市議会の「大都市制度・税財政特別委員会」が1月23日、開催され、総合区、特別区に関する議論が行われました。副首都推進局の答弁が苦しくなっています。「なぜ大都市制度改革が必要なのか。今のままではだめなのか」という質問には、「現状のままでは限界がある」としか説明しません。「大阪が都市として成長発展するために都市機能を強化する」という目的と手段のどっちがどっちなのかこんがらがった意味不明な答弁も…

続きを読む

2018年1月16日 大阪都構想の第6回法定協議会が開催。副首都推進局作成の特別区素案について討議が本格化

 1月16日、大阪府庁で第6回「大都市制度(特別区設置)協議会」(法定協議会)が開かれました。冒頭、副首都推進局から総合区制度の財政シミュレーションについて説明がありました。その後の討論では、本来の法定協議会のテーマである特別区制度(大阪都構想)についての質疑が大半を占めました。吉村洋文・大阪市長は、2015年5月の住民投票で否決された大阪都構想を「バージョンアップする」との前提で復活させて進め…

続きを読む

2018年1月11日 大阪市議会の大都市・税財政制度特別委員会が開催。総合区素案、特別区素案について討議

 1月11日、大阪市議会の大都市・税財政制度特別委員会(大都市特別委)が開かれました。テーマは総合区素案と特別区素案について。総合区に関しては「大阪市内24行政区を8総合区に合区する」という副首都推進局作成の総合区素案が出来上がり、昨年11月3日から12月23日にかけて24行政区で各1回ずつ住民説明会が行われて計1987人が参加しました。総合区は大阪市が存続するという点で大阪市を廃止する特別区素…

続きを読む