2018年2月22日 大阪都構想の第8回法定協議会が開催。大阪市を廃止・分割する4試案のうち、大阪市を4分割する4区B案を採用

 2月22日、大阪府庁で第8回「大都市制度(特別区設置)協議会」(法定協議会)が開かれました。特別区素案では、大阪市を四つの特別区に分割する4区A案、4区B案、六つの特別区に分割する6区C案、6区D案の4案が提示されており、この日の法定協議会で4区B案が採用されました。大阪維新の会が4区B案を推し、自民党と共産党は大阪都構想(大阪市の廃止・分割)そのものに反対し、公明党は意見を述べない形で4区B…

続きを読む

2018年2月14日 大阪市議会の大都市・税財政制度特別委員会が開催。吉村市長、維新議員は大阪都構想、2度目の住民投票に執念示す

 大阪市議会の大都市・税財政制度特別委員会が2月14日、開かれました。大阪市を廃止して特別区に分割する大阪都構想と総合区制度に関する議論が続いています。大阪維新の会の藤田暁議員の質問は、総合区制度より特別区制度が優れていると強調し、総合区支持を表明している公明党を「特別区賛成」に意志変更させようという執念が見えます。  自民党の川嶋広稔議員は、大阪市を無理矢理に特別区に分割して「区域のエリアを…

続きを読む

2018年1月30日 大阪都構想の第7回法定協議会が開催。各会派が意見表明

 「第7回大都市制度(特別区設置)協議会」(法定協議会)が1月30日、大阪市役所で開催されました。冒頭、特別区の制度案に対する各会派の意見表明があり、その後、委員間協議(法定協議会の構成員である首長と議員らの話し合い)が行われました。  意見表明で公明は「特別区ではなく総合区を支持」と述べ、委員間協議で維新の議員が公明の議員に「特別区賛成に変わる可能性はあるのか」としつこく聞く場面もありました…

続きを読む