2019年9月9日 大阪市都市計画審議会が開催。夢洲の中央部分の用途地域が準工業地域、工業地域から商業地域に変更される

 大阪市の都市計画審議会が9月9日、大阪市役所で開かれました。大阪湾岸の埋め立て地「夢洲」の用途地域を工業地域・準工業地域から商業地域に変更する審議があり、賛成多数で決定しました。商業地域となったのは中央部分の143㌶で、カジノなどのIR(統合型リゾート)の建設用地となり、2025年の万博会場ともなります。都計審の委員は計29人で、大阪市会議員14人、学識者15人で構成。この日、学識者7人は欠席…

続きを読む

2018年4月13日 「経済人・大阪維新の会」が主催し、「大阪都構想を実現しよう! 大阪維新・報告会(決起集会)」が開催。市民団体の結成も報告

 「経済人・大阪維新の会」が主催して、「大阪都構想を実現しよう! 大阪維新・報告会(決起集会)」が2018年4月13日、大阪市内のホテルで開催されました。大阪維新の会の方針が全体的にまとまって報告されましたので、内容を掲載します。(なお、この集会終了後、来阪中の安倍晋三首相が「都構想には反対」と発言したことが明らかになります) <あいさつ> ■更家悠介会長  この会(経済人…

続きを読む

2017年11月3日 「大阪を知り・考える市民の会」主催の学習会で、今年度末廃院になる住吉市民病院の舟本仁一院長が講演

 大阪市住之江区にある大阪市立の「住吉市民病院」が来年3月末、閉院します。主に住之江区、西成区の住民を患者としていて、老朽化に伴う建て替え時期を迎えていたところ、橋下徹・前大阪市長が2キロ離れた住吉区内に大阪急性期・総合医療センター(府立急性期総合医療センター)があるのをとらえて「府立と市立の病院が近くにあるのは二重行政で不合理」とやり玉に挙げたのです。住吉市民病院は産婦人科と小児科の病院で、年…

続きを読む