2019年10月24日 大阪都構想の第27回法定協議会。委員間協議スタート。大阪市廃止後の特別区は中之島合同庁舎に

 大阪市を廃止して特別区に分割する大阪都構想について話し合う第27回「大都市制度(特別区設置)協議会」(通称・法定協議会)が10月24日、大阪市役所で開かれました。大阪都構想の事務局である副首都推進局による事務局説明は終了し、この日は法定協議会委員(吉村洋文・大阪府知事、松井一郎・大阪市長ほか大阪府議、大阪市議ら20人で構成)による委員間協議が行われました。内容は大阪市を四つの特別区に分割するの…

続きを読む

2019年9月12日 大阪都構想の第26回法定協議会開催。委員間協議に向けての論点整理。「大阪都」と言う名称を使っていいのかも話題に

 9月12日、大阪府庁で第26回「大都市制度(特別区設置)協議会」(通称、法定協議会)が開催されました。これまでは大阪府知事、大阪市長の意向を受けて副首都推進局が作成した議論のたたき台となる「特別区素案」について、協議会委員が副首都推進局に質疑する形でしたが、この日は委員間協議に向けての論点整理という内容でした。「大阪維新の会」は「大阪都構想に賛成し、構想に対して建設的な意見しか言ってはダメ」と…

続きを読む

2019年9月9日 大阪市都市計画審議会が開催。夢洲の中央部分の用途地域が準工業地域、工業地域から商業地域に変更される

 大阪市の都市計画審議会が9月9日、大阪市役所で開かれました。大阪湾岸の埋め立て地「夢洲」の用途地域を工業地域・準工業地域から商業地域に変更する審議があり、賛成多数で決定しました。商業地域となったのは中央部分の143㌶で、カジノなどのIR(統合型リゾート)の建設用地となり、2025年の万博会場ともなります。都計審の委員は計29人で、大阪市会議員14人、学識者15人で構成。この日、学識者7人は欠席…

続きを読む